妊娠中の肌荒れの原因

妊娠中の肌荒れは原因があります。

妊娠中、しかも初期のうちに肌荒れに悩む人が少なくありません。
どうしてこの時期に肌が荒れるのでしょうか?
その原因は妊娠に起因するホルモンの1つプロゲステロンが増加することにあります。
この傾向は妊娠前や生理の直前に肌荒れやニキビがひどくなるというサイクルが繰り返し起こる女性に多く見られます。

 

妊娠初期の段階ではこれに似た症状でプロゲステロンが増加することによりお肌の不調を引き起こします。
しかし、このようなお肌のトラブルも妊娠の中期に入ると自然の治ってきます。
ですから、あまり気にしない方がいいでしょう。
この時期はホルモンの影響でシミが出やすくなりますので、出かける時には刺激の少ない日焼け止めを塗り、日差しを防ぐ帽子やサングラスなどを使ってUVケアを怠らないようにしましょう。

 

説明したように女性の体は日々、女性ホルモンに左右されると言っても過言ではありません。
女性ホルモンは1つと思っている人も多いですが、実際は2種類あります。
1つはご存じのエストロゲン、卵胞ホルモンとも呼ばれていて文字通り女性の生理や妊娠に関わってきます。
もう1つがプロゲステロンと呼ばれている黄体ホルモンです。
これらのホルモンは生理周期に合わせて変化します。

 
運営者情報 広告用クッキーについて