妊娠中 肌荒れ スキンケア

妊娠中の肌荒れをケアするなら

今迄は肌荒れなんかしたことがない人でも、妊娠をきっかけに肌荒れなどのお肌のトラブルが起こることがあります。
ここであせってあれこれ過剰なケアをしてしまうと逆効果。
まずは原因を探りましょう。

 

では、どうして肌荒れなどになってしまうのでしょうか?
それは女性特有のホルモンの性質と関係があります。
一般的に知られているのが女性ホルモンの1つであるエスロトゲン。
しかし、女性ホルモンはもう1つあり、これが要因と言えます。
その1つはプロゲステロン。

 

妊娠中にはこのような女性ホルモンがいつもより多く分泌されるため肌荒れなどになりやすいのです。
特にプロゲステロンはステイロドホルモンの1種で、黄体ホルモンとも呼ばれています。卵巣の黄体から分泌されるため、こう呼ばれていると推測できますが、このプロゲステロンはもう1つ呼び名を持っていて、それが「ブスホルモン」です。
想像とおりこのホルモンが過剰に分泌されると肌荒れなどが起きやすくなり、必然的にブスになってしまうということです。
だからといって、プロゲステロンも必要ないわけではありません。
今、過剰に分泌されていても妊娠中期や後期になればこんな状態も自然に解消されます。
ですから、あまり気にせずにいつもどおりのケアを続けることが一番です。

 
運営者情報 広告用クッキーについて