弱酸性の洗顔料のメリット

敏感肌の方は弱酸性がおすすめ!

洗顔料にはアルカリ性と弱酸性のものがあります。肌は本来、弱酸性なので、肌と同じという点では弱酸性が肌にやさしい、ということになります。保湿の働きもあるので、乾燥やアトピーなどの肌トラブルがある方は、弱酸性の洗顔石鹸を使うといいでしょう。ここで注意しなければならないことがあります。弱酸性の石鹸は洗浄力が強くありません。そのままだと汚れが取れないので、洗浄力の高い合成界面活性剤を添加している可能性があります。合成界面活性剤は化学物質から作られていて洗浄力が高いため、洗い流さなくていい肌の皮脂まで洗い流してしまい、逆に肌トラブルの原因になることもあります。ですので、弱酸性の洗顔石鹸を選ぶときにはパッケージの成分表示を見て、無添加であることをよく確認しましょう。どうしても、弱酸性でないと肌トラブルが起きる、という人以外は弱アルカリ性の洗顔石鹸がオススメです。肌には一時的にアルカリ性に傾いても弱酸性に戻る性質があります。収斂効果もあり、汚れもスッキリします。

 
運営者情報 広告用クッキーについて