洗顔石鹸 アレルギー

アレルギーがある方は洗顔せっけんの成分に注意

自分はアレルギー肌、という方は洗顔石鹸を選ぶ際も注意が必要です。洗顔石鹸やシャンプーなどに配合される合成界面活性剤は、アレルギーの方にはとても刺激が強い成分です。化学物質でつくられ、洗浄力が強いのですが、肌を痛める原因となってしまいます。また、パラベンや香料、着色料などの添加物も肌に刺激が強く、アレルギーの方は注意しなければなりません。小麦成分(加水分解コムギ末)がアレルギーを引き起こす場合もあります。保湿力があり、洗い上がりがしっとりする成分で、多くの化粧水や石鹸にも含まれます。以前問題になった「悠香のお茶せっけん」は加水分解コムギの分子量が大きく、アレルギーの危険度が高かったそうです。肌が敏感な方、アレルギー症状を起こしやすい方は、洗顔石鹸の成分をよく確認して使用しましょう。アレルギーテストの有無、合成界面活性剤やパラベンなど化学成分が無添加で、天然洗浄成分や肌に刺激の少ないものだけが配合されている洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

 
運営者情報 広告用クッキーについて