洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔せっけんと洗顔フォームどっちがいいの?

洗顔料には大きく分けて洗顔フォームと洗顔石鹸の二つがあります。洗顔石鹸はつっぱり感がする、洗いすぎているような気がするという方もいるかもしれません。一方の洗顔フォームはつっぱり感がなく、洗い上がりもしっとりします。しかし、洗顔フォームには合成界面活性剤が入っています。合成界面活性剤は泡立ちがよく、油を溶かす力が強いのでメイク汚れまで落とせます。つまり洗浄力が強いので、落とす必要のない肌の皮脂まで落としてしまい、肌のバリア機能を損なう可能性があります。洗顔石鹸は動植物などの天然の油に水酸化ナトリウムやカリウムを反応させて作る石鹸素地というものが原料です。この石鹸素地に肌の保護成分や香料を加えたものが洗顔石鹸です。無添加にこだわった洗顔石鹸は天然成分の香料や保湿成分を配合しています。洗顔石鹸は肌表面の汚れはしっかり落としながら、皮脂を取りすぎることがないので肌を傷める確率が低いのです。ただし、洗顔石鹸にも界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれる場合があるので、表示成分をよく確認して購入した方がいいでしょう。

 
運営者情報 広告用クッキーについて